TOP 診療案内 院長紹介 お問い合わせ 料金表 学会活動
もっと輝く肌に
フュージョン変法
 夏に浴びた強い紫外線の影響で毛穴が開いたり、汗や化粧かぶれでキメがあらくなってしまう「ミカン肌」。
沖縄の女性に多いミカン肌の悩みを解消してくれる「エコ2」と「パールレーザー」を組合せた話題の「フュージョン」

フュージョンとは
 「フュージョン」とは「組合せる」と云う意味です。
特にフラクショナルレーザーとアブレージョンレーザーを組合せて行う手法を指していて、アメリカで半年ほど前に登場したばかりです。
 「フラクショナルレーザー」と云うのはニキビ跡や荒れた肌に目に見えないミクロの穴を無数に開ける事によって皮下の凝固作用を起させ、コラーゲンを蘇られると共に毛穴やニキビ跡を引き締めると云うものです。
アメリカでは様々な機種が使われています。
 一方のアブレージョンレーザーは、照射する事で皮膚表面の古い角質を取り除き、荒れた肌を滑らかにするもので、その代表的な機種がキュテラ社の「パールレーザー」です。
 どちらもミカン肌やニキビ肌の改善、毛穴の引き締めに効果的ですでに定着しており、これまでは単独で使われてきましたが、半年ほど前から、それらを同時に行う手法が登場しました。
「フュージョン」や「ブリッジセラピー」と呼ばれ話題になっております。
 当院ではフラクショナルレーザーを「エコ2」で行い「パールレーザー」と組合せて提案している為、「フュージョン変法」と名付けました。

メリットは
 「エコ2」を使用する事によってミカン肌に、よりアグレッシブに働きかける事が出来ます。
フラクショナルレーザーは登場して5年ほど経ちますが、日帰りで施術できる分、効果はどちらかと云うと弱かったのですが、その点「エコ2」は従来のフラクショナルレーザーより皮膚の奥深くまで届き、引き締め作用が強い事、それでいて東洋人の肌室を踏まえ色素沈着が起きにくいよう開発されている特徴があります。
そこに「パールレーザー」を組合せる事で、ミカン肌により高い効果を発揮すると云う訳です。

デメリットは
 ダウンタイムが必要な点です。
施術直後は日焼け後の皮が剥けたような状態になりますから、4、5日はマスクを着用していただく必要があります。
施術の所要時間は麻酔、「エコ2」、「パールレーザー」、併せて3時間程度です。
症例写真
eCO2フラクショナルレーザー
eCO2フラクショナルレーザーは目にみえない小さな穴を数多く皮膚に打つ事によって皮膚の真皮層に刺激を与え、コラーゲンをよみがえさせると共に毛穴やにきび跡を引き締め、お肌のハリとツヤを改善します。
通常料金¥84,000
eCO2

症例写真 パールレーザー
皮膚表面の古い角質を取り除き、荒れた肌を整えて白く透明感あふれる肌に。
さらに肌の奥にある真皮層に適度な熱を加える事で、コラーゲンを収縮・再生。
肌の内側からキュッと引き締め、シワやたるみを無くしていきます。
通常料金¥52,500
パールレーザー

合計料金¥110,000