■下肢静脈瘤とは

■下肢静脈瘤の症状と原因

■下肢静脈瘤の種類

■下肢静脈瘤の治療方法

■当院の静脈瘤治療の特徴

■医師のご紹介

■治療にかかる費用

■問い合わせ&ご相談

■アクセス

下肢静脈瘤とは

 血液は心臓から動脈を通り体の各部位へ届けられます。そこで物質交換を行った血液は静脈を経て心臓へ戻って来ます。自分で収縮できる動脈と違い静脈は周囲の筋肉に押し出される形で血液を心臓へと運びます。静脈は重力に逆らって血液を心臓に運ぶために逆流を防ぐ目的で各所に弁が付いています。しかしこの弁が何らかの原因で壊れることで血液の循環が悪くなり引き起こされる病気が静脈瘤です。


下肢静脈瘤の症状と原因

■ 足がだるい ■ 妊娠
■ 足が浮腫む ■ 立ち仕事
■ 疲れやすい ■ 激しいスポーツ
■ かゆい ■ 遺伝
■ 皮膚の色が黒ずんでいる
■ 血管がボコボコしている
■ 足の傷がなかなか治らない
上記のような症状は見られませんか?

 下肢静脈瘤は命に関わる病気ではありませんが、これらの症状で日常生活に支障を来たす場面も多くみられます。
 少しでもお心当たりのある方は早期に検査し治療方法を医師と相談されることをお勧めします。

下肢静脈瘤の治療方法

■ ELVeSレーザー1470

保険適応が認められた静脈瘤専用のレーザーです。膝やふくらはぎの内側から細いレーザーカテーテルを挿入し、先端から放出されるレーザー光線によって静脈を収縮し閉塞させます。所要時間は15分程度です。局所麻酔で処置が可能で、術中・術後を通して痛みはほとんどありません。
術後は圧迫用の弾性ストッキングを着用していただき、歩行して帰宅が可能です。翌日~3日後に創部をチェックするために来院して頂きます。

  3割負担 1割負担
片足 ¥45,000 ¥15,000
両足 ¥90,000 ¥30,000
■詳しくはこちらをクリック

■ スタッブアバルジョン

皮膚表面に隆起している静脈瘤には、スタブ・アバルジョンが適しています。1-2㎜の小さい切開から特殊な器具を使用して静脈瘤を切除します。目立つコブ状の静脈がスッキリと除去でき、満足度の高い治療法です。

■ 硬化療法

ある程度の太さのある静脈瘤に行う治療法です。静脈瘤内に特殊な硬化剤を注入し、血管をふさぎます。外来で簡便に行うことができます。

3割負担 1割負担
¥5,160 ¥1,720

■ ジェントルマックスレーザー

米国FDAを取得したレーザーです。1064nmの波長を用いて血管内のヘモグロビンに反応させることが出来ます。かなり細い毛細血管を収縮させることができ大変効果的です。
こちらは自費の治療になります。

手のひら大 ¥10,000~

下肢静脈瘤の種類

■ 伏在静脈瘤

太ももの内側からひざ下にかけて走っている静脈と膝裏から足首までの静脈に逆流が見られるタイプの静脈瘤です。大きなコブが皮膚の表面に出ることが多く、様々な症状を引き起こします。ELVeSレーザーやスタッブアバルジョンが良い適応です。

■ 分枝静脈瘤

太い静脈から枝分かれした静脈に逆流が見られるタイプです。手術ではなく硬化療法やスタッブアバルジョンなどの治療で改善が見られることが多い静脈瘤です。

■ 網目状静脈瘤・クモの巣状静脈瘤

かなり細かい血管が浮き上がって見える静脈瘤です。症状はほとんどありませんが見た目を気にされる方がいらっしゃいます。治療法は硬化療法やジェントルマックスレーザーで血管を破壊します。

当院の静脈瘤治療の特徴


治療にかかる費用一覧

  3割負担 1割負担
ELVeSレーザー1470:片足 ¥45,000 ¥15,000
ELVeSレーザー1470:両足 ¥90,000 ¥30,000
硬化療法 ¥5,160 ¥1,720
ジェントルマックスレーザー ¥10,000~(自費診療)
 
 
下肢静脈瘤に関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで

■当山美容形成外科 / 下肢静脈瘤治療クリニック

■住所
 〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-11-18

■休診日
 日曜・祝祭日

■診療時間
 平 日 / 午前9:00~12:00 午後2:00~6:00
 土曜日 / 午前9:00~12:00 午後2:00~5:00

■連絡先
 TEL:098-867-2093 FAX:098-869-1832