TOP 診療案内 院長紹介 お問い合わせ 料金表 学会活動

当山乳酸菌

当山乳酸菌とは…

 「当山乳酸菌」の成分は、乳酸菌飲料に含まれる乳酸桿菌やヨーグルト(ビフィズス菌)とは違い、フェカリス菌と言う「生きていない乳酸菌」をもとに作られています。

 今迄は「生きている乳酸菌」が注目されていましたが、実際のところ乳酸菌の働き自体は同じで、それどころか加熱処理された「生きていない乳酸菌」の方が効果的と云う事が分かってきました。

 フェカリス菌は有効成分だけを抽出する事でサイズを小さくし、多量の乳酸菌を効率よく採取する事を可能にしました。

 その数はA社のビフィズス菌製品には20億個程、B社の乳酸菌製品には400億個ですが、この当山乳酸菌にはフェカリス菌が1カプセルに6000億個も入っています。

当山乳酸菌

当山乳酸菌の特徴

ずばり、他の乳酸菌より「守るチカラ」を高めることです。

 乳酸菌と一口に言っても、様々な形状の菌があり、ヨーグルトなどに多い桿菌(かんきん)と呼ばれる棒状のものや、フェカリス菌のように丸い球状の腸球菌などあり、腸球菌は桿菌よりも小さいサイズでより多くの乳酸菌を効率よく採取する事が出来ます。

当山乳酸菌

 「守るチカラ」を高めることにより、オナカまわりや目尻の状態などが気になる方、ココロの健康を求める方の元気作りを応援します。

 この当山乳酸菌は食品ですので、小さなお子様からご高齢者、妊娠中の方まで年令症状に関わらずお使い頂く事ができます。

 また「当山乳酸菌」は当院のオリジナル製品ですので当院でしかご購入頂けません。

当山乳酸菌