TOP 診療案内 院長紹介 お問い合わせ 料金表 学会活動
プレミアムリフト

 今回、侵襲の少ないコグ(棘)付きタイプの吸収糸と、従来のスレッドリフトを組み合わせる事で、より強い全体の引き締め、リフトアップが可能になりました。

鈍針のイラスト  使用する糸には、全周性にコグ(棘)が付いている為、引っ掛かりも良く、施術直後から、そのリフトアップ効果を実感できます。
 又、使用する針の先端が鈍針である為、最小限のダウンタイムが可能になりました。(右図参照)

糸によるリフトアップ
 コグ(棘)の付いた糸を複数本、皮下に刺入する事で、下垂した皮下組織を正しい位置に導きます。
 ヒアルロン酸、脂肪溶解注射などとの併用により全体を美しく整えて行く事が可能です。
※効果には年令による差や個人差があります。

プレミアムリフト4Dの効果 針の写真

針を刺すことによる直接的なリフト効果

吸収糸によるリフト効果
吸収糸の吸収期間におこる創傷治癒過程の血管新生、繊維芽細胞刺激、コラーゲン生成促進による効果が期待出来ます。

Lead Fine Lift barb 4Dの糸の特徴

上図のように中心に集まるようにコグ(棘)を形成する事により引っ掛かりを良くし、糸が抜けづらくする特徴があります。

4Dとアンカーの比較図 引き締め部位 引き締め部位のイラスト 施術の流れ