TOP 診療案内 院長紹介 お問い合わせ 料金表 学会活動
男性性器の手術
当院では以下の治療法(手術)を行なっています。
包茎

  1. 仮性包茎 自費療法(150,000円)となります。
     仮性包茎は手術しなければならないものではありません。それは仮性包茎が正常の状態だからなのです。
    汚れがたまって困るなど余程の事がないと手術しなくて大丈夫なのですが、男性の性器コンプレックスにつけ込んで高額な料金をとる美容外科医が沖縄にも出現しておりますので、充分注意して下さい。
    切開線は亀頭直下で行うか、ペニスの根元附近で切除するかどちらかになります。


  2. 真性包茎 保険診療となりますので(2万円前後)費用がお安くなります。
     これは手術した方が良いでしょう。亀頭部が勃起時にも露出出来ませんので、背面切開や環状切開と云うやり方で亀頭が包皮から顔を出せるようにします。包皮の手術はすべて溶ける糸で縫合しますが、5日位に糸を取ります。

  3. 嵌頓包茎 保険診療となりますので(2万円前後)費用がお安くなります。
     これは緊急に手術する必要があります。包皮がペニスの亀頭下部を締め付けた形になり、次第に血行障害を起す可能性があるからです。
    いわゆる指の根元にゴムバンドが巻きつき指の色が悪くなる現象です。
     常日頃包皮が剥けにくい方に多く起こりますので、前もって形成外科医などに診てもらっておくと良いでしょう。

パイプカット
 精管結紮術と云います。
御子様を数人お持ちになり、御夫婦で充分お話し合いになった方に適応となります。
 女性の卵管結紮よりはるかに楽です。
局所麻酔で施行し、左右1本づつある精管を切断し結紮します。局所麻酔などで通院で可能、リスクは術後少々痛む事でしょうか。
 精管を切断しますが、残っている精子があり手術後最初の射精は妊娠する可能性があります。
又、もう一度つなぎ合せる事が出来ませんので充分な話し合いが御夫婦で必要なのはその為です。
手術によって性欲は減退しません。

費用 : 150,000円

シリコンボール等
 当院では注射による異物注入は致しませんが、いつでも取り出せるシリコンボールやリングなどは包皮に入れております。

御気軽に御相談下さい。

費用 : ボール1個 20,000円 / リング 100,000円

包皮内真皮移植
包皮(ペニス)を大きくしたいと云う男性は多いのですが、取り出せない工業用シリコンなどを入れては後々困ります。
その為、当院では腕や足から真皮脂肪と云う自分の組織をとって帯状に移植します。
手術時間は30~40分。通院で済み、手術費用は200,000円。