TOP 診療案内 院長紹介 お問い合わせ 料金表 学会活動

耳のお悩み
ピアス
 アクセサリーの定番アイテムのひとつとして性別に関係なく人気がある「ピアス」種類や素材も豊富で、おしゃれを楽しむ事が出来ます。その反面ピアスによるトラブルも少なくありません。
医療機関でのピアッシングは衛生的にも安全で、ピアッシング後のトラブルがあった場合も出来るだけ穴を塞がずに治療する事が出来ます。 ピアッシングは医療行為のひとつです。その為、医療施設で消毒や処置方法などの指導を受け、開けられるのが安全でしょう。
ピアス症例
ピアス後の注意事項  ピアスホール術後の主な注意点は、下記の通りになっております。
御拝読の上、よろしく御理解下さい。何か御質問がございましたら、遠慮なくお電話及び御来院下さい。お待ちしております。
  1. ピアスホールは術後、消毒をする必要はありません。

  2. もし、消毒をどうしてもしたいと云うのであれば、揮発性(アルコール等)のものがよろしいかと思います。

  3. ピアス後は、良く洗ってみるのは良い事です。その後ドライヤーなどで乾燥させて下さい。

  4. 術後翌日はやや腫れますので、ピアスが食い込む場合があります。軸の長いピアスが良いでしょう。ピアスの止め金を少しゆるめて下さい。
    そして洗浄すること、シリコン樹脂ピアスに変更することも化膿の予防には有効です。

  5. 万が一、ピアスホールが化膿した場合は、ピアスをはずして下さい。ピアスをはめたままでは絶対に化膿は治りません。ピアスをはずしてもピアスホールは閉じませんが、自分ではやりにくいと思いますのでその時は御来院下さい。料金は処置代のみです。

  6. 抗生物質を服用する必要は今の所ありませんが、化膿した場合は処置いたします。

  7. その他、具合がおかしい時はいつでも御来院して下さい。必ず、立派なピアスイヤリングが出来ますよう、根気良く処置いたします。

※日本美容医療協会のホームページもご覧になってみて下さい。当院、当山院長が全国の皆様方に回答しております。
ケロイド
ピアスは化膿と共にケロイドになりやすい場所です。ピアスの穴が硬い状態になったら必ず形成外科を受診して下さい。
体質などによっては、傷の範囲を超えて肉芽組織が増殖を続け、赤みや盛り上がりが徐々に広がっていきます。
(少しずつ増大する傾向があります)
ケロイド症例
耳の変形
耳たぶの分裂  耳たぶが二つに裂けている人がいる。先天的なものが多いのですが原因は分かっていません。またケガや重いピアスイアリング等によって裂ける後天的耳垂裂もあります。特に女性は和装や髪のアップ等で、身なりを飾る機会が多い社会生活にあって、かくしやすい小さな耳の変形でも気になり、耳垂裂があることでコンプレックスを生じ、人生観さえ変える場合があるのです。
 手術では、両側の裂け目を縫合するだけでは均整がとれず、外見的にも目立つものです。そのためZ状に縫合したり、分裂した両端の縁が正しく整合するように仕上げます。耳たぶは痛みが少ない部位でもあり、外来通院で約一週間程度で治療は終了します。
耳の分裂症例写真

耳の変形  耳垂裂や副耳のように、耳には生まれつきの変形が多いものです。その他の変形として袋耳とか貝がら耳、またコップ耳等色々な名称がある変形があります。その一つ一つに手術法があり診断名がつけられています。
 耳にはなぜこのような変形が起きるのでしょうか、それは、耳が体表より突出している器官としては基底部が小さく、薄い軟骨からできていることに起因しています。それ故、手術法は、軟骨を正常の型に矯正することが基本となります。
 また耳の成長は十才位で止まるといわれ、どのタイプの変形・奇形の耳でもこの時期までに治療を開始するのが望ましいと思われます。耳は顔の一分野であるにもかかわらず軽視されがちですが、もう一度耳の美しさに目を向けたいものです。
耳の変形症例写真