開院65周年。沖縄県那覇市の当山美容形成外科。

当山美容形成外科

〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地3丁目7−1
TEL:098-867-2093 FAX:098-869-1832
月曜〜土曜/9:00〜18:00 日祝祭日/休診
お問い合わせ

再生医療(第二種再生医療等提供計画番号取得)

当山美容形成外科では第二種再生医療等提供計画番号を取得しています。幹細胞をもちいる再生医療は、厚生労働省が認めた特定認定再生医療等委員会でその治療の医師の要件・安全性・妥当性が厳しく審査されます。そこで適切と認められれば厚生労働省に治療計画を提出することができ、はじめて治療を行うことが可能となります。当山美容形成外科は正式なプロセスを踏み厚生労働省に第二種再生医療等提供計画を提出し、計画番号を取得した医療施設です。

皮膚の加齢変化に対しての自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いた局所注射療法

再生医療とは

 再生医療とは、ご自分の細胞を使った完全オーダーメードの治療です。ご自分の身体から細胞を採取し、特殊な技術で数千から数億個程度までに細胞を増やします。細胞が老化もしくは著しく減少している部位にその増やしたご自身の細胞を移植してあげることでその組織本来の持っている能力をもとに戻してあげられる可能性があります。

間葉系幹細胞とは

 間葉系幹細胞とは骨髄または皮下脂肪内に多く存在する細胞です。幹細胞は自分を複製する能力と他のものに分化する能力を持った細胞です。またサイトカインと言うたんぱく質を作りだしそれがコラーゲンを増やす方向に導いたり、様々な細胞の活動性をあげる事が示唆されています。

 つまり、幹細胞は自分の数を増やしながら、損傷部位があると本能的にそこに接着し、様々な栄養因子を放出し組織の保護再生に作用したり、傷害された細胞を補充する機能細胞となりうる性質を持っています。

期待される効果

 脂肪由来間葉系幹細胞を皮内に注入する事によって各種加齢変化(細胞の老化)により弱くなった組織を若返らせる事が期待出来ます。ここでいう各種加齢変化とは

脂肪由来幹細胞のはたらき

老化した皮膚と幹細胞による皮膚治療

治療の流れ

①まずは診察へお越しください。

お悩みやご希望を伺い、再生医療や施術内容について医師より説明いたします。

②脂肪と血液の採取

治療が決まりましたら、細胞培養に必要な脂肪の採取と、血液採取を行ないます。脂肪採取は約10分程で終了します。へその中に約5mm皮膚を切開し、米粒1〜2個ほどの脂肪を採取します。術後の傷はほとんど目立たず、痛みもほぼありません。また抜糸の必要もありません。次に、細胞を培養する為に必要な血液を採取します。採血は約10分程で終了します。

③投与までの培養期間

採取した脂肪や血液は、培養加工施設であるアヴェニューセルクリニック(東京都港区)に輸送して細胞の培養を行ないます。培養期間はおよそ1ヵ月となり、脂肪採取日から1ヵ月後以降の日程で投与日をご予約ください。なお、原則として投与日が確定した後(ご予約後)の変更は承れません。

④脂肪幹細胞の投与

確定投与日にお越し頂き、目的とする部位に注射を行ないます。投与は約45分程で終了します。予約時間に最善の状態で提供できるようにアヴェニューセルクリニックから輸送し用意いたします。

⑤術後

投与部位が赤くなったり腫れたりすることがありますが、ほとんどの場合は数時間~数日で消失します。当日の注意点:長風呂や過激な運動はお控えください。

料金について

脂肪幹細胞採取+初回治療(1部位) ¥800,000(税抜)
2回目以降(初回治療より1年以内) ¥650,000(税抜)

※本治療には組織や細胞の輸送を必要とします。輸送後の組織や細胞が合格基準に満たない場合治療は中止あるいはやり直しとなる場合があります。詳しくは医師より説明致します。

ご予約・ご相談は下記の連絡先まで

お気軽にお問い合わせください。

受付時間:月曜〜土曜/9:00〜18:00


 日祝祭日/休診
美容外科・形成外科(保険診療)

098-866-0178
098-867-2093
美容皮膚科・エステ

098-867-5351
↑PAGE TOP
診療項目:イボ・ほくろ
診療項目:たるみ・シワ・輪郭
診療項目:目元
診療項目:目元以外のフェイス
診療項目:ニキビ・ニキビ痕
診療項目:毛穴・美肌・くすみ・赤ら顔
診療項目:しみ・そばかす・肝斑
診療項目:タトゥー
診療項目:バスト
診療項目:婦人科
診療項目:脱毛
診療項目:痩身
診療項目:薄毛治療
診療項目:下肢静脈瘤
診療項目:ワキガ・多汗
診療項目:点滴
診療項目:再生医療
↑PAGE TOP