TOP 診療案内 院長紹介 お問い合わせ 料金表 学会活動
ホクロをとられる方へ
 ホクロはあざの一種ですが多くの方が「ホクロ」をとりに来られます。そこで診察の前に先ず簡単にどういう方法で「ホクロ」をとるのかをご説明申し上げます。
 一般的な「ホクロ」の取り方には(1)電気法・Co2レーザーと(2)切開法があります。それぞれ一長一短があり、最終的には医師と良く相談なさって決めてください。但し、どちらも麻酔をしますし、痛みもほとんどありませんので、怖がる必要はありません。5分以内で終了いたします。

1.電気法・レーザー法
  • 費用が安く通院がいらない。電気もレーザーも略々同様です。
  • 鼻の周りや特殊な場合が良い。
  • 数が多く小さいホクロは電気法・レーザー法。
  • 出来上がりは切開法よりやや悪い。焼きすぎると傷痕になります。
  • 再発がたまにある。
  • 術後、水にぬらしても化粧しても良い。
  • その他、再発したらもう一度焼く必要があります。

2.切開法
  • 費用は電気法より高い。もう一度抜糸に来る必要があります。
  • 額、顎、頬、等は切開法が良い。
  • 大きいホクロは切開法。
  • 大きいホクロの出来上がりは電気法より良いが、小さいホクロは困難。
  • 再発がほとんどない。
  • 術後小さいテープを貼る。出来るだけ濡らさないほうが良い。
  • 中縫いの糸(かくし糸)が出てくる時がたまにあります。

 ホクロ、アザをとるのは医療行為ですので、病院以外でとるのは医師法にふれます。ご注意ください。又、私共は「占い師」でもありませんので「ホクロ」の占いはしておりません。「ホクロ」の癌に関しては厳重に医師が診察し、疑いのある方は顕微鏡で調べます。

ホクロ 切開法症例写真症例写真症例写真症例写真症例写真症例写真症例写真


ホクロ 電気法
 「ホクロ」をとる場合、切除してしまえば再発もなくきれいにとれるのですが、しかし、ホクロには切除しにくいものもあります。場所的にいえば目の周辺とか鼻尖部等です。これらの部位は切除するのが難しいため、ホクロの表面を焼灼する電気焼灼法やくりぬき法、またレーザー光線等によって治療します。それは広義の意味で、皮膚表面にヤケド等を起こすことによって、治療後に傷アトが目立たなくなることを期待する訳です。現在ホクロを焼くという治療には、炭酸ガスや電気焼灼療法が簡単です。
症例写真

ホクロ電位焼灼法の注意事項
電気やレーザーで焼くということは、原則的には軽いヤケドを起こして治す方法です。

利点
  1. 簡単で時間が掛かりません。
  2. 通院の必要がありません。
  3. 費用が安いです。
  4. その日から濡らしたり、洗顔・お化粧が可能です。

欠点
  1. 焼き過ぎると、傷アトが残りやすいです。
  2. 反対に弱く焼くと完全には取れません。
  3. 完全に取れないで残っている場合は、再度焼くことがあります。
    ※但し、1回目でかなり小さくなるので、そのままで良いなら2回目は必要ありません。
  4. 5個以上を同時に焼くと、顔などが腫れる場合があります。
  5. 子供には原則として適応しません。(再発があるからです。)
  6. 手足は顔と違い、傷アトになりやすいです。
    (場所によって違いが顕著に出ます。)

以上のように利点・欠点があります。

その他
  1. 焼灼後のかさぶたは、1週間~10日くらいで取れますが、無理に手ではぎ取らないよう、気をつけて下さい。
  2. 傷アトが当初目立っても3カ月以上経過しますと大分薄くなっていきます。