TOP 診療案内 院長紹介 お問い合わせ 料金表 学会活動
二重術
二重瞼は美容外科の基本  美容外科医の技術は二重に始まり、二重に終わると云いますが、各々のユーザーの目的に合せた二重を作るには患者さんの数ほど手術の方法があるとも云われています。

部分切開法
 連続した切開ではなく片側2ヶ所の小さい切開で瞼の脂肪除去も行い、皮下に吸収糸(モノクリル6-0)で固定し「部分切開埋没法」なども亜型としてあります。
部分切開法の症例写真
イラスト



切開法
これには「単純切開法」と「皮膚1部切除切開法」などがあります。埋没法などでは取れやすい腫れぼったい瞼の方に適しております。

二重の目的とする部位を切開して脂肪を除去します。その位置で皮膚縫合時の糸で固定しますので皮内に糸を残しません。どうしてもやりにくい二重の方は吸収糸を用います。約5日目に抜糸します。
切開法の症例写真


埋没法
 7-0黒ナイロンで瞼の裏側と表を縫合します。くせがある二重、狭い二重などに応用します。挙筋にかける(挙筋法)と瞼板にかける(瞼板法)に分かれ、かつ糸を連続してかける(連続法)と単点(2点止め、3点止め)縫合埋没があります。当院では特殊なアーケード式(杉本法)でやっております。

奥二重などに適しております。糸のみで二重を固定して作りますので、一番簡単な方法です。
埋没法の症例写真


眉下切開
 二重の部分で切開せずに眉下で切開する事があります。
私自身は瞼が厚ぼったい方等に二重を作ったり、眼窩脂肪を除去したりしますが、それでも厚ぼったい、腫れぼったい時に用いたり、目尻側の垂れを治したい時にこの眉毛下切開を用いています。
 30年ほど前に私が発表させて頂いた事がありますが、今やどこの美容外科でも取り入れられている方法です。
眉下切開の症例写真

末広型
末広型の図 目頭から目尻にかけて、次第に巾を広くしていく二重を「末広型」と称します。日本人的特徴のある二重を作ります。(左図参照)

二重のラインを内側を狭く、外側を広めにとる手術ですので純日本型美人を作る方法ともいえます。
蒙古ひだのある方に適しますが、蒙古ひだのある方で平行型を希望される方は目頭切開を追加します。


平行型
平行型の図 目頭から目尻にかけて一定の巾、それもやや巾広く大きい二重の線を作るのを「平行型」と云います。西洋的上瞼の二重であると云えましょう。(左図参照)

図の如く二重を平行にしますが、この方法は、部分切開法か切開法を選んだ方が良いと思います。又、目頭切開などを加える時もあります。


ビーズ法
古典的方法でビーズを数個、1週間位瞼につけておいて二重のくせを出しますが、今はあまりやっている所は少ないと思います。
術後の管理が難しく、患者さんもサングラスを外せませんので、当院でも30年位やっておりません。


眼瞼下垂
 時々二重を希望する方には瞼が下垂している方がおられます。眼瞼下垂は健康保険の適応となり、費用がお安くなります。またこの様な方は単純に二重の手術をしても元来瞼の挙がり方が弱いので二重は出来にくいのです。当院では世界的に有名な松尾氏法に準じた方法で眼瞼下垂を修正します。眼瞼下垂先天的眼瞼下垂、老人眼瞼下垂、コンタクト下垂、外傷性下垂などに分かれますが、片側性の方も大勢おります。瞼に左右差があると云う方は眼瞼下垂を疑ってみて下さい。


料金の設定
1. 美容外科の手術には必ず8%の消費税がつきます。
病院の掲示される料金の中で外税なのか内税なのか充分に見極めて下さい。

2. 埋没法は取れやすいのが欠点ですが、二重が取れた時どうするのかは術前の料金設定の時決めておくべきです。

3. 二重もフォローアップが大切です。手術には違いありませんのできちんとした手術記録などを取ってもらい、料金の細かい明瞭化は病院や医者の責務です。

4. 当院では埋没法は切開法・部分切開法の料金の半額の値段でやり、取れたら部分切開法を値段の半額でやっておりますが、半年以内の修正は5,000円で行います。


二重の修正
 二重の手術は簡単な手術と云われる埋没法でも腫れたり、内出血の変化があります。又、修正が必要な時もありますので、 その点も術前のインフォームドコンセントに入れておく事が肝要です。
ご希望の方は写真などご持参下さって結構です。

 外来を訪れる女性は大方自然な二重を希望しますが、自然な二重を作るには大きな巾の二重を作らない事です。自然な二重、いわゆるナチュラル二重は巾が1cm以下が良いでしょう。
 二重の巾の決め方は寝た姿勢で瞼を閉じてもらいまつ毛の根元(上瞼縁)から作り出そうとする二重の線を医師や看護師が計測します。つまり自分では計りにくいのです。
 又、当院では術後のアフターケアは大切だと考えていますので、術前に写真を撮り、保存します。 写真は何年でも貴方様の安全を見守っていくカルテ保存と共に大切な美容外科の基本になります。